不断水工法の仕組み説明 - 不断水工法の利点とは

不断水工法の仕組み説明

subpage01

不断水工法とは、断水することなく既設管の分岐工事を実施する工法のことです。



既設管を断水する必要がありませんので、顧客への断水につての告知、給水車の準備、工事終了後の管内の清掃など、不断水工法には、さまざまな手間を省略することができるメリットがあります。

最近話題のYahoo!ニュース関連情報を紹介しています。

また、水抜き、水張りなどの作業を行う必要がなく、空調機を停止する必要もありません。在室者に違和感のない工事を行うことが可能であり、居ながら工事に最適な工法でもあります。
不断水工法は、もともと上水道の給水分岐時に、本管を断水することなく施工することを目的に開発された工法です。

現在は、下水圧送管においても、空気弁の追加設置、バイパス管路のための分岐設置、パルプ追加設置などに採用されており、上下水道の給水分岐時に活用されています。不断水工法は、圧送ポンプを運転している最中のも、若干の管内水を排出することで分岐、パルプの設置を行うことができるため、今後は圧送管路の多条化や切りまわし配管についても、大きなサポートになると考えられています。



さまざまな会社が特徴を持った工法を提供しており、コンパクトなデザインのバルブを用いて、優れた止水性能を発揮し、繰り返しの開閉操作がスムーズで、切粉は管外へ強制排出するタイプも登場しています。

不断水工法は、水道工事でかかすことのできない重要な技術になっており、工事費と工事時間を大幅に削減することができる点もメリットです。