不断水工法を利用する目的とは

subpage01

上水道や下水道の配管工事を止水せずに行うことができるのが不断水工法です。配管内の水流を止水せずに作業を行う最も大きな目的は、工事期間の短縮とコストの削減にあります。

不断水工法が開発される以前の上水道工事ではバルブを閉じて配管内の水流を止水してから作業を行うことが必要でした。そのため工事現場周辺では断水が生じ、周辺住民への対応が求められました。



また配管内の水流を止水するために古いバルブを動かすと、赤錆が剥離する場合があります。

剥離した赤錆は配管内に残留して水を赤く濁らせます。


さらに配管を切断する際に発生する金属片が配管内に残るため、施工完了後に配管内の清掃が不可欠となります。

不断水工法には大きく2種類のものが存在しますが、いずれも効率的な作業が可能なため、工事期間の短縮とコスト削減を図ることができます。

朝日新聞デジタル情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

割T字管や穿孔機を使用して配管に穴を開ける工法は不断水分岐工法と呼ばれますが、穿孔時に発生する金属片は水圧によって配管外へ押し出されます。
また全く止水をせずに作業が可能なため、バルブの開閉も不要で赤錆が剥離することもありません。一方液体窒素を使用して施工箇所の上流を凍結させ、バルブの代わりとして機能させる工法は不断水凍結工法と呼ばれます。

この工法でも古いバルブの開閉は不要です。


不断水凍結工法では施工箇所のみ部分的に断水が生じます。
全体的には通水状態のまま作業を行うことが可能です。



分岐工法・凍結工法ともに周辺住民への対応や施工後の配管内の清掃などは不要なため、工事期間を短縮しコストを削減することができます。