今後の需要が期待される「不断水工法」 - 不断水工法の利点とは

今後の需要が期待される「不断水工法」

subpage01

水道から水が出てくるのが当たり前となっている現代では、たとえ短時間でも水道が使えなくなると、多くの家庭や会社、施設などの活動が想像以上に不便になる可能性が考えられます。そのため、水道工事を行う際にも、断水を避けて行う必要性が出てきました。



そこで需要が高まっているのが、断水しない状態のまま工事を進める「不断水工法」です。

不断水工法には、さまざまな種類あります。

代表的な工法のひとつが、「不断水分岐工法」です。

日本経済新聞を調べるならこのサイトです。

この工法では、ヤノT字管と専用穿孔機を使って、送水管や配水管を穿孔して分岐用の管を取り付けることで、工事を行えるようにします。

また、「インサーティング工法」も代表的な工法のひとつです。
水を止めずに、送水管や配水管の一部を切断し、その切断部分にプラグや仕切り弁、ストレーナなどを設置することを可能にした画期的な工法です。「不断水インサート工法」とも言われます。

水を止める方式の違いによっても、種類が分けられます。



例えば、「凍結工法」では、専用器具などを取り付けるのではなく、液体窒素などの低温媒体で送水管や配水管の中の水の一部を凍結させ、工事を進めます。
水を止めるのが限定的かつ短時間で済むというメリットがあります。
「不断水工法」には開発した企業によってもさまざま種類がありますが、いずれにしても、断水実施の告知や給水車の手配など断水した場合の手間の多くが省けるため、家庭や会社、施設などだけでなく、工事の施工者にもメリットがあり、今後さらに需要が高まる工法だと言えます。