不断水工法とはどういうものなのか - 不断水工法の利点とは

不断水工法とはどういうものなのか

subpage01

不断水工法は水道管の工事の際に行われている方法のひとつで、名前の通り断水せずに工事を行なうための技術として開発されたものです。



というのも以前の水道管の工事では断水して行われるというものが主流だったのですが、それによって影響を受けるエリアが広かったために多くの人たちが水の供給を得られないという問題を抱えていました。
そこで開発されたのが不断水工法であり、市民の生活水準が向上して断水がやり難い環境の中でも水道管の工事をスムーズに行う事ができるようになっているというところが最大の特徴だとされています。

毎日新聞の情報検索をお役立てください。

内容としては専用のバルブなどを接続して水道管の水を止めないようにしながら分岐管を作るというものであり、管路に影響を与えることなく安全かつ確実に短時間で工事を行う事ができるというところがメリットです。そのため現在の水道管工事は不断水工法を用いた方法が一般的だとされており、市民としても断水の影響を受けずに生活する事ができるのでどちらにとってもメリットのある工法とされています。



また不断水工法で用いられるバルブにも色々な種類があり、それによって従来の工法だけではなくインサート不断水工法やリニューアル工法と呼ばれている皿に工事を安全かつ確実に行う事ができる手法も開発されています。

これらは工事を執り行う業者によってどのような方法を導入しているのかが異なっており、時代の流れとともに進化し続けている工法として知られています。